祝い着とは 産着とは 掛け着とは  

祝い着(産着)ってなに?  


産着

祝い着(産着/うぶぎ)とは?

お宮参りに赤ちゃんが初めて身につける着物です。一つ身、産着や初着、のしめや掛着とも呼ばれます。お参りの際には、赤ちゃんに着せるのではなく、祖母またはお母さんが赤ちゃんを抱いた上から覆いかけるようにして祝い着を掛けて、抱っこしている人の背中で祝い着の紐を蝶結びします。

産着の着せ方

昔からのしきたりでは、赤ちゃんの祝い着は母方の実家が用意して贈られるのがならわしでした。地域や風習によって異なる場合もありますので、事前にパパ、ママそれぞれの地域の風習を確認しておくことも必要です。



通常はお宮参りの時しか使わない祝い着、最近ではお手軽価格のレンタルで済ませる方が多くなっています。

京都きくやネットでも沢山の種類の産着をレンタルでご用意しております。


お宮参りレンタル お宮参りレンタル



産着の種類 柄について

産着はオールシーズン用と夏用(絽)の2種類があります。 サイズは無く全て同じ大きさで仕立ててあります。


【男の子用 産着】

男の子の産着の一般的な柄は、「強く、元気な子に育って欲しい」という願いから、兜や鷹の柄が最も多いです。 一般的には黒地のものが主流ですが、男の子のお着物もかなりバリエーション豊かになり、紺色、白地、グレー地、緑色など も人気があります。

産着 鷹 産着 兜


【女の子用 産着】

女の子の産着は、「優しく、美しく育って欲しい」という願いから、桜や牡丹など花柄のものが主流です。 花柄では、芍薬や菊なども人気のある柄です。その他にも、鞠や御所車、花車、鼓などの柄もあり、柄の種類は豊富です。

産着 女の子 産着 女の子 


宮参りの初着は「熨斗目(のしめ)」とも呼ばれ、横に段模様に配されたデザインのまさに熨斗目柄も縁起柄として人気です。

産着 熨斗柄 産着 熨斗柄 


夏用の産着 絽とは?



7〜9月の盛夏の頃のお宮参りには、絽で仕立てられた祝い着もあります。透ける生地で作られていて軽く涼やかです。

産着 夏用 絽 産着


ただ記念写真などには透けて写ることがあるので敬遠される方もあります。


そんな場合にオススメなのが、オールシーズン用の産着のジュバンを外して使用します。産着は通常、着物と襦袢の二重重ねになったものを使いますが、夏場は着物のみで使用すると、絽の産着と変わらないほど軽く涼やかになります。


きくやネットの産着はジュバンを外してご使用可能ですが、他のお店では不可な場合もありますので事前に確認してください。

このページの先頭へ戻る

お宮参りって?いつ行くの?

赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長を願う行事です。


祝い着(産着)って? 

お宮参りに赤ちゃんが初めて身につける着物です。


赤ちゃんには何を着せたらいいの?

現在では白いベビードレスやカバーオール又はロンパースを着せて…


レンタル?購入?どっちが・・・

お宮参り用初着は一つ身、3歳用を三つ身、男児5歳用・女児7歳用を…




インスタ

ショッピングガイド

  • 宅配レンタルの流れ
  • お支払い方法
  • 送料について
  • お届け・ご返却

このページの先頭へ戻る

  • レンタルガイド

ご利用ガイド

  • レンタルの流れ
  • 決済・配送について
  • ご利用規約
  • よくあるご質問
  • サイズについて

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
赤色が定休日です

携帯電話・スマートフォンんからもご利用頂けます。

インスタ