七五三参り(詣り)って?  

七五三参り(詣り)って?  


七五三詣り

七五三は子供が生まれた土地、住んでいる土地の神社へ 3歳・5歳・7歳という節目ごとに、子供が無事に育っていることへの感謝を伝え、 厄を払い、これからの成長をお祈りする大切な家庭行事のひとつです。 家族でお祈りするのがなにより大切です。
一般的には神社でお祓い(おはらい)を受け、 祝詞(のりと)をあげてもらいますが、お祓いをしてもらわなくても地元の神社へお参り されるだけでも良いと思います。 中には必要以上に我が子の記念写真にだけこだわって、 肝心な(かんじん)お参りはされない親御さんも。生涯一度の大切な行事なので、心に残る 記念日になるように思い出を作ってあげる事が大切ですね。


数え年・満年齢

日本では古来、正月に年をとる「数え年」だったため、七五三の行事も数え年で行われていましたが、 現在では数え年と満年齢どちらでお参りされても構わないです。 最近は満年齢「誕生日にひとつ歳を取る」でお祝いする方も多くなっています。 とくに、3歳児の場合は着物の着付けを嫌がるお子様も多いので、数え年より満年齢の方がおすすめです。


七五三とは

七五三詣り

昔の時代は、医療も発達してなく、病や飢饉・戦などで乳幼児の死亡率が高く、 命を落とす子供が沢山いました。今のように普通に成長することが当たり前ではありませんでした。 そのため、3歳・5歳・7歳という節目ごとに、 子どもの無事な成長を祈り厄を払うことには、大きな意味がありました。 その節目ごとに成長を願うさまざまな儀式が行われていましたが、江戸中期ごろに、 定着したのが以下の3つの儀式です。

髪置きの儀(かみおきのぎ)
3歳の男女がそれまで剃っていた髪を髪を伸ばし始める儀式

袴着の儀(はかまぎのぎ)
5歳の男の子が初めて袴を身につける儀式
「着袴の儀(ちゃっこのぎ)」とも言います

帯解の儀(おびときのぎ)
7歳の女の子が帯を結ぶようになることをお祝いする儀式

この昔ながらの3つの儀式が、現代では「神社にお詣り」に行く七五三詣りとなりました。

このページの先頭へ戻る

お宮参りって?いつ行くの?

赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長を願う行事です。


祝い着(産着)って? 

お宮参りに赤ちゃんが初めて身につける着物です。


赤ちゃんには何を着せたらいいの?

現在では白いベビードレスやカバーオール又はロンパースを着せて…


レンタル?購入?どっちが・・・

お宮参り用初着は一つ身、3歳用を三つ身、男児5歳用・女児7歳用を…


お宮参り当日の流れ

お宮参り当日の流れに決まりはありません。



お宮参りの服装はどうすれば…

お宮参りのパパママの服装は何が良いの?



初穂料ってなに?

お参りする神社に祈祷料として納めるお金のことです。



*****************************



七五三参り(詣り)って?

七五三は子どもの成長に感謝を伝え、これからの成長をお祈りする…



インスタ

ショッピングガイド

  • 宅配レンタルの流れ
  • お支払い方法
  • 送料について
  • お届け・ご返却

このページの先頭へ戻る

  • レンタルガイド

ご利用ガイド

  • レンタルの流れ
  • 決済・配送について
  • ご利用規約
  • よくあるご質問
  • サイズについて
レンタルあんしん保障パック

インスタ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
赤色が定休日です   水曜・祝日定休 (土日が祝日の場合は営業)

携帯電話・スマートフォンんからもご利用頂けます。