お宮参りとは お宮参り いつ

お宮参りって?いつ行くの?



お宮参り

お宮参りとは、生後1ヵ月頃に赤ちゃんの誕生を祝い、産土神(うぶすながみ)様、または氏神(うじがみ)様がいらっしゃる神社へ、赤ちゃんの成長、健康と長寿を祈ってお参りする大切な行事です。
「初宮参り(はつみやまいり)」や「初宮詣(はつみやもうで)」とも言います。



【産土神(うぶすながみ)】
産土神様は、自分が生まれた土地を守る神様のことで、産土神様に御参り(お宮参り)をして氏子となり、他所に移住しても一生を通じ守護してくれると信じられています。

【氏神(うじがみ)】
氏神様は、同じ地域に住む人々がお祀りしている神様のことで、自分が住んでいる地域を守る守護神です。

⇒産土神様と氏神様、どう違うの?


現在では産土神様にこだわらずに、里帰り先の神社(氏神様)にお参りする人や、少し遠出をして「安産祈願」などで有名な神社へお参りされる方も多くなっています。


お宮参り

⇒1分でわかる!お宮参りの基本ガイド



お宮参りはいつ行うの?



正式なお宮参りの時期は男の子と女の子で異なります。

正式には、
男の子は生後31日目
女の子は生後32日目

となっていますが、お宮参りを行う時期に決まりはありません。
赤ちゃんが生後1ヶ月の頃に行うのが目安ですが、天候や休日等の都合、何より赤ちゃんとママの体調を最優先に考えてお参りする日を選ぶようにしましょう。
特に赤ちゃんは体温調節がまだうまくできないため、夏生まれの子は真夏の暑い時期を避けたり、冬生まれの子は冬場の厳しい寒さの時期を避けたりすることもあります。
また「生後何か月までにしなくてはならない」という決まりはありませんが、ご家族で良く話し合って、百日祝い(お食い初め)の頃までを目安にお参りしましょう。

⇒お宮参り当日の流れ
⇒赤ちゃんには何を着せたらいいの?



百日祝い(お食い初め)とは?



百日祝いは一般的には「お食い初め」と言い、赤ちゃんの乳歯が生え始める生後100日目頃に「赤ちゃんが一生食べ物に困らないように」という願いを込めて、赤飯や尾頭付きの鯛などのごちそうを食べさせる、平安時代から行われてきた伝統的な儀式です。
食べさせるといっても、この時期の赤ちゃんはまだ固形物を食べることができませんので、食べさせるまねだけをします。
無事に生後100日の節目を迎えられたことを神様に感謝し、これからの健やかな成長を願うという意味も込められています。
生後100日〜120日目頃に行うのが一般的です。


お食い初め

⇒お食い初めはどうやってするの?



お食い初めや初節句に着る祝い着もご用意しております♪

お食い初め 着物

1歳頃まで着用可能ですので、1歳のお誕生日に祝い着としてご使用されるお客様もいらっしゃいます。



このページの先頭へ戻る

お宮参りって?いつ行くの?

赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長を願う行事です。


祝い着(産着)って? 

お宮参りに赤ちゃんが初めて身につける着物です。


赤ちゃんには何を着せたらいいの?

現在では白いベビードレスやカバーオール又はロンパースを着せて…


レンタル?購入?どっちが・・・

お宮参り用初着は一つ身、3歳用を三つ身、男児5歳用・女児7歳用を…


お宮参り当日の流れ

お宮参り当日の流れに決まりはありません。



お宮参りの服装はどうすれば…

お宮参りのパパママの服装は何が良いの?



初穂料ってなに?

お参りする神社に祈祷料として納めるお金のことです。



*****************************



七五三参り(詣り)って?

七五三は子どもの成長に感謝を伝え、これからの成長をお祈りする…



インスタ

ショッピングガイド

  • 宅配レンタルの流れ
  • お支払い方法
  • 送料について
  • お届け・ご返却

このページの先頭へ戻る

  • レンタルガイド

ご利用ガイド

  • レンタルの流れ
  • 決済・配送について
  • ご利用規約
  • よくあるご質問
  • サイズについて
レンタルあんしん保障パック

インスタ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
赤色が定休日です   水曜・祝日定休 (土日が祝日の場合は営業)

携帯電話・スマートフォンんからもご利用頂けます。