お宮参りとは お宮参り いつ  

お宮参りって? いつ行くの?  


お宮参り

お宮参りとは?

お宮参りは、初宮参り(はつみやまいり)や初宮詣(はつみやもうで)とも言い、生まれた土地の守り神様である産土神(うぶすながみ)様や、その土地に住む人々がお祀りする神様である氏神(うじがみ)様に赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長、健康と長寿を願う大切な行事です。


【産土神様とは】

産土神様は、赤ちゃんが生まれた土地、住んでいる土地の守護神で、産土神様に御参り(お宮参り)して氏子となり、他所に移住しても一生を通じ守護してくれると信じられています。


【氏神様とは】
氏神様は、その土地に住む人々がお祀りする神様のことで、その土地やその土地に住む者を守る神様です。


産土神様と氏神様 一体どう違うの?


現在では産土神様にこだわらずに里帰り先の神社(氏神様)にお参りする人や、少し遠出をして「安産祈願」などで有名な神社へお参りされる方も多くなっています。

お宮参り

1分でわかる!お宮参りの基本ガイド



お宮参りはいつ行うの?

正式なお宮参りの時期は男の子と女の子で異なります。


男の子は生後31日目
女の子は生後32日目


地域によっても違いがありますので、ご両親に確認すると安心です。
赤ちゃんが生後一ヶ月の頃に行うのが目安ですが、お宮参りを行う時期に決まりはありません。

赤ちゃんとママの体調を最優先にして、*100日祝いの頃までにお参りをされたら良いと思います。特に赤ちゃんは、体温調節がうまくできないので、天候や気温に応じて、暑さや寒さから守るようにしてあげてください。



【*100日祝いとは】

一般的に「お食い初め」と言い、赤ちゃんが生後100日頃に乳歯が生え始めるこの時期に「子供が一生食べ物に困らないよう」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式です。生後100日〜120日目に行うのが一般的です

お食い初め

お食い初めはどうやってするの?



このページの先頭へ戻る

お宮参りって?いつ行くの?

赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長を願う行事です。


祝い着(産着)って? 

お宮参りに赤ちゃんが初めて身につける着物です。


赤ちゃんには何を着せたらいいの?

現在では白いベビードレスやカバーオール又はロンパースを着せて…


レンタル?購入?どっちが・・・

お宮参り用初着は一つ身、3歳用を三つ身、男児5歳用・女児7歳用を…




インスタ

ショッピングガイド

  • 宅配レンタルの流れ
  • お支払い方法
  • 送料について
  • お届け・ご返却

このページの先頭へ戻る

  • レンタルガイド

ご利用ガイド

  • レンタルの流れ
  • 決済・配送について
  • ご利用規約
  • よくあるご質問
  • サイズについて

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
赤色が定休日です

携帯電話・スマートフォンんからもご利用頂けます。

インスタ